テーマを決める

まずテーマを決めること

アフィリエイトをやるからには、ある程度テーマを決め、それに沿った内容の文章を書いた方が収入が期待できます。
分野が広すぎると、ファンが付きにくかったり、検索エンジン対策上も良くありません。
早く稼ぎたい!早く記事が書きたい!と焦る気持ちはわかりますが、サイトのテーマを決める作業は後々一番響いてくる部分です。時間をかけてじっくり検討しましょう。

自分に何が書けるかを考える

ではどのようにテーマを決めたら良いのでしょう。まず自分が得意な話題を考えてみます。
アニメ、映画、アイドル、ゲーム、野球、サッカー、プロレス、料理、コスメ、などなど何でもかまいませんが、できれば人より知識が豊富な分野なら言うことはありません。これが強みになります。
あるいは、YouTubeなどでも盛んですが、何か挑戦してみるのも良いと思います。ダイエット日記、資格試験の受験勉強、食べ歩きなど、こうした分野はチャレンジする気があれば誰でも始められます。

更新していけるかどうかを考える

自分の得意分野や興味のある事柄が絞れてきたら、それをテーマとして良いかどうかを検討します。
例えばすごく好きなジャンルはあるのだけれど、いざそのことについて書こうとしたら10ページくらいしか書けないのだとしら要注意です。できればその分野の専門家レベルくらいのことは書くつもりで考えてください。もちろん、今持っている知識が少なくても、後で調べて記事を追加できるなら全く問題ありません。ざっと考えて最低100ページくらいは書き続けられる内容かどうかを検討してみてください。その際、商品ベースにするか自分ベースにするかも検討しましょう。

ASPで広告をチェックする

テーマの候補がいくつか決まったら、次にASPでそのテーマに合った広告があるかどうか探してみましょう。
上記の例で言えば、アニメや映画などがテーマのサイトならAmazonのDVD広告が紹介できます。
コスメなども商材は豊富にあるはずです。ダイエット日記なら自分が試した健康食品や健康器具も紹介できます。
ASPに広告が無いけれど、ぜひこのテーマで書きたいというものがあれば、AdSense広告を貼ってみるのも手です。

競争相手をチェックする

どんなにいい文章が書けても、どんなに高単価な広告があっても、競争相手が多い分野で戦うにはリスクを伴います。
自分が選んだテーマに関するキーワード、たとえば「海外テレビドラマ」で検索した場合、どれくらい競争相手がいるのかをGoogleで検索してみます。検索結果の1位から50位くらいまで、もの凄いデータ量のサイトが多数出てきたとします。
これではあなたが参入できる余地は無いかもしれません。そこでテーマを「人気海外テレビドラマ」とか「24」などに絞り込んで検索し直してみます。これなら戦えるかもしれません。またはそれでも無理かもしれません。
参加者が多いブログのジャンルを調べてみるのもいいでしょう。
こうしたチェックを繰り返し、自分でも入り込む余地がありそうだなと思えるテーマを検討してください。

>> 商品ベースか自分ベースか