商品ベースか自分ベースか

2つのスタイル

テーマを考えるにあたり、サイトには2つのスタイルがあることを知っておきましょう。
それは商品紹介を主軸にして特定の商品やサービスに特化した内容にする方法と、自分の普段のつぶやきを主軸にして、そこで派生する商品やサービスを紹介する方法です。

商品ベースのサイト(初心者にオススメ)

1つの商品ジャンルに絞った内容でサイトを展開する方法です。
自分の得意分野や興味のある商材の情報を細かく掲載していくことで、その分野の情報を求めている読者が訪れ、結果として商品を購入してくれる流れが発生します。
これからアフィリエイトを始めたい人は、この商品ベースのアフィリエイトからスタートすることをお勧めします。
テーマを絞ってサイトを運営することで、サイトの方向性のブレを防げますし、得意分野・興味のある商品を選択することで、サイトがネタ切れして更新がストップすることも防げます。
また、テーマが絞られたサイトは検索エンジンにも好まれる傾向があるので、キーワードでの上位表示も見込めます。

自分ベースのサイト(中・上級者向け)

自分の体験や考え、お役立ち情報など、ノンジャンルの情報を提供しているサイトを運営し、記事それぞれの内容に親和性の高い商品を紹介していく方法です。
自分の体験したことや考えたことをベースに記事を作るので、何でも好きな事を書ける方法ではありますが、逆に自由度が高すぎて、初心者がアフィリエイトで収益を上げるという目的に対しては、少しハードルが高い可能性があります。
様々な分野の記事を興味深く読んでもらうためには、文章力も必要になりますし、更新していくためのネタを収集していかなければなりません。記事を書くというだけでも初心者には日常と違う行為なのに、さらに頻繁に何かしらの体験をしなければいけないというのは非常に大変です。
ある程度ブログを書くという行為に慣れてきてから、自分のキャラクターを出すスタイルに変えていってもいいでしょう。

最初は1つに絞ってチャレンジする

もちろん1つのパターンでしかアフィリエイトをやってはいけないわけではありません。商品ベースのコツをつかんできたら、もう1つ別のジャンルで商品ベースのアフィリエイトブログを立ち上げてもいいですし、商品ベースで始めてみたけど自分には合っていないと感じたら、自分ベースのスタイルに移行してもまったく問題ありません。
漫然とサイトを更新するよりも、何かの指標を持った上で更新した方が結果の分析が行いやすいのです。
だからこそ、最初のうちは何かしら1つの方法に沿ってサイトを運営することをお勧めします。

>> 記事の書き方