企業編 - Web担当者に知っておいて欲しいこと

企業にとってホームページとは言ってみれば自動販売機。
毎月の給料を支払わなくてもいいし、不平も言わない、最高のセールスマンです。
ですが、彼を一流の営業マンに仕立てるには、きちんとした戦略や設計が前提となりますし、
売れるECサイトとして機能させるためには、社内体制やWEB担当者の取り組みが重要になってきます。

昔は企業サイトと言えば、会社案内の体裁があればOKでしたが、それはあくまでリアルマーケットへの橋渡しとしての機能に過ぎません。ネットユーザーにオンラインでコンバージョン(成約)してもらうためには、いかにネットユーザーの期待に応えていくかが勝負になります。
この章では、そうした心構えと企業担当者がどこまでサイトと関わっていけば良いかを解説します。