ホームページの仕組み

ホームページはどんな仕組みで表示されているのかご存知ですか?
簡単に言うと、インターネット上のサーバーというコンピュータに、HTMLなどのファイルを置き、それを一般の人が自分のパソコンで見た時に表示されるのがホームページです。
つまり、誰もが見られるようにするには、レンタルサーバー等と契約して、そこにファイルをアップロードする必要があります。

たまに、自分のパソコン上でサイトを作り上げただけで、他の人にも見えるようになっていると勘違いしている人がいますが、そんな事ができたら、世界中の人からあなたのパソコンの中が丸見えです。自分のパソコンをWebサーバーにできる人ならそれも可能ですが、セキュリティやメンテナンスを考えたら現実的ではありません。だからみんなレンタルサーバーと契約するのです。

今度はホームページを見る側から、もう少し具体的に見てみましょう。
あなたはまずInternet ExplorerやChromeなどのブラウザを起動します。
リンクやお気に入りをクリック、またはアドレス欄に直接http://~とURLを打ち込みます。
すると、ネット回線を通して、そのURL(住所)のサーバーにあるHTMLなどのファイルが、あなたのブラウザに表示されます。つまり、下記のような経路でデータが流れているのです。

ブラウザ

いくつもの中継サーバー

ホームページが置いてあるサーバー

いくつもの中継サーバー

ブラウザ

>> ホームページはHTMLデータ