サイトの構成を考える

企画には時間をかけて

ホームページを作ることが決まったら、一刻も早くソフトの使い方を覚えて作業を始めたいことでしょう。ですがその前にまずやるべき事があります。それはサイトのページ構成を考えることです。

サイトの全体像が見えているのといないのとでは、クオリティに差が出てくるのはもちろん、作成時のモチベーションも変わってきます。また、これは結構重要なことですが、ページ数が多くなってくると、全てのページに設置するナビゲーションメニューを何度も変更しなくてはならなくなります。
※Dreamweaverを使うとこの作業を省力化できます。

サイトの構成を考える際は、同じジャンルのサイトを見て回ると良いでしょう。そうすることによって、世間から求められている情報は何なのか、どういう構成が見やすいのかを知る事ができますし、他のサイトを見て回るうちにデザインや仕掛けなどのヒントを得ることにも繋がります。

また、サイトの構成をチャート図にしてみるのもお勧めです。図は手書きでもソフトを使っても構いません。
サイトマップ
この図はサイトマップと呼ばれ、特に企業サイトのように多くのページ展開を考えている場合は必須の作業と言えるでしょう。図にする事によって階層構造が把握できますし、メニューを整理する上でも役立ちます。さらに、第三者がチェックできますから、作業を開始した後での修正を軽減できます。

プロの現場でもそうですが、企画にはじっくり時間をかけて取り組みましょう。企画に1ヶ月かけて実作業は1週間とかで良いのです。結果的にその方が完成度を高めることになるのですから。

>> ソフトを準備する