ショッピングカート

ECサイトで販売システムを設置する場合、ショッピングカート(買い物カゴ)が使われます。
メールでの受注という方法もありますが、品物を一品一品確認しながらまとめ買いができたり、
クレジットカード決済に連動したりするには、やはりショッピングカートの利用がスマートです。
ショッピングカートは通常、CGIプログラムで作られています。HTMLだけでは構築できません。
これを利用するには、1.カートだけをレンタルする方法、2.レンタルカートシステム上にサイト自体を作る方法、3.スクリプトをダウンロードして自社サイトに設置する方法があります。

1.カートのみをレンタルする場合
ショッピングカート自体はカートの運営会社にまかせ、自社サイトからリンクを張って利用します。
下記の会社などでレンタルが可能です。

ジョイカート 初期費用5,250円、月額1,050円~
ショップメーカー 初期費用10,500円、月額3,150円~
e-shopsカート2 初期費用10,000円、月額2,400円~
ダヴィンチカート 初期費用16,300円、月額0円

2.レンタルカートシステム上にサイト自体を作る方法

ショッピングカートを含むショッピングサイトとして一式をレンタルする方法です。
ドメインはカート運営会社のもの、または独自ドメインプランの利用となります。

おちゃのこネット 初期費用0円、月額540円~
カラーミーショップ(スマートフォン対応済み) 初期費用0円、月額900円~
MakeShop 初期費用10,800円、月額2,268円~
Eストアーショップサーブ 初期費用0円、月額9,612円~

ネットショップ作成ならカラーミーショップ

3.自社サイトに設置するタイプ
設置する時に多少の手間がかかりますが、無料でショッピングカートが導入できます。
レンタルサービスではないので、サービスの終了などを気にせずにすみます。
また、デザインを自社サイトに合わせやすい場合が多いのもメリットになります。
セキュリティ対策やカード決済への連動などは自己責任での対応となります。

ルミーズ 高機能。ダウンロード販売にも対応。
EC CUBE 高機能。簡単インストールに対応したレンタルサーバもあり。
Anglers-Net 設置が非常に簡単。機能は最低限をカバー。
KENT-WEB 設置は簡単。デザイン変更にはPerlの知識が必要。