メールフォーム

商用非商用を問わず、多くのサイトには問い合わせフォームが設置されています。
これは訪問者がサイト運営者に問い合わせをする際、メールソフトを起動せずにブラウザでメールを送れる親切機能であるとともに、入力必須項目を設定しておくことで情報収集に利用できたり、また運用者のメールアドレスを公開しないことでスパムメールを防ぐ役割も持っています。

そもそもHTMLでは、<a href="mailto:xxx@mail.com">メール</a>というタグを使えば、メールソフトが起動してメールが送信できるわけですが、mailtoのリンクはどんな環境でも正しく動くとは限りません。またこのやり方だとinputタグで作った各入力項目が反映されませんし、運営者のメールアドレスが丸わかりですから、前述のようにスパマーからの迷惑メールを招くこととなってしまいます。

そこで多くの場合、CGIを使ったメールフォームを利用することになります。
メールに広告が入ってもOKであれば、フォームズなどのWebサービスでメールフォームをレンタルするという方法もあります。
同じく無料で、手間を惜しまなければ、KENT WEBさんなどでフリーのCGIスクリプトをダウンロードしてきて、自分のホームページスペースに設置するという方法もあります。
特に最近は、スパム対策に画像認証機能のついたメールフォームがおすすめです。

いずれの方法も、日本語をデコードしてメールを送信するプログラムになるわけですが、これとは別に、入力画面はHTMLで作る必要があります。
HTMLの解説書や解説サイトでフォームタグの項目を見れば大抵は書いてあるはずです。