フォーム

フォームを作る
<form>~</form>
フォームを利用することで名前やメッセージなどを送信してもらうことができます。
フォーム全体を<form>~</form>タグで囲み、この中にテキストボックスやボタンなどを配置します。
通常はCGIやJavaScriptなどと連動させて動作させるため、<form action="xxx.cgi">~</form>などと表記します。

一行入力テキストボックスを作る
<input type="text" name="テキストボックス名">

一行入力テキストボックスの横幅を指定する
<input type="text" name="テキストボックス名" size="ピクセル数">
※横幅を指定していない場合はsize="20"として表示されます。

一行入力テキストボックスに初めからテキストを表示する
<input type="text" name="テキストボックス名" value="最初に表示されるテキスト">

一行入力テキストボックスに入力できる文字数を指定する
<input type="text" name="テキストボックス名" maxlength="入力可能な文字数の上限">

メッセージ欄を作る
<textarea name="テキストエリア名" cols="横幅" rows="行数"></textarea>

ラジオボタンを作る
ラジオボタンは1択式のタグです。
<input type="radio" name="ラジオボタン名" value="送信されるデータ">
【例】<input type="radio" name="sex" value="man">男
※グループ分けするために、ボタン一つ一つに同じnameを付ける必要があります。
※始めからどれかを選択しておく場合は checkedを追加します。

チェックボックスを作る
チェックボックスは複数選択が可能なタグです。
<input type="checkbox" name="チェックボックス名" value="送信されるデータ">
【例】<input type="checkbox" name="sushi" value="ikura">イクラ
※グループ分けするために、チェックボックス一つ一つに同じnameを付ける必要があります。
※始めからどれかを選択しておく場合は checkedを追加します。

セレクトメニューを作る
セレクトメニューは1択式のプルダウンメニューです。
<select size="行数" name="セレクトメニュー名">
<option value="送信されるデータ">項目名</option>
</select>
【例】
<select size="2" name="menu">
<option value="curry">カレー</option>
<option value="pasta">パスタ</option>
</select>
※始めからどれかを選択しておく場合は<option>タグに selectedを追加します。

送信ボタンを作る
<input type="submit" value="送信する">

送信ボタンを画像で作る
<input type="image" src="画像のアドレス">

>> HTMLタグ一覧に戻る