WordPressとは

特別な知識がなくてもWebサイトを作れる

Webサイトというのは、HTMLやPHPなどの言語で作成されていますが、そういう専門知識が必要な部分を代わりにこなしてくれるのがWordPressです。WordPressには専用の管理画面が用意されていて、そこでWebサイトに必要な文章や画像を入力していきます。
WordPressはWeb上で無料で公開されているため、世界中のユーザーに利用されています。

ページ作成の流れ

WordPressでは「投稿」と「固定ページ」の2種類を使ってページを作成できるようになっいます。
WordPressはもともとはブログを作るために用意されたソフトウェアです。でもブログの仕組みだけでは、お店や会社のWebサイトは作れません。ブログの機能だけだと、営業案内や地図などの重要なページが古いページとして埋もれてしまうからです。それを解消するために、WordPressには「固定ページ」という機能が用意されています。
WordPressは管理画面のページを作成する機能から、タイトルや文章を入力していくだけでページを作成できるようになっています。また、画像を管理するライブラリ機能も用意されていますので、ブログのように簡単にページを作成できます。

デザインの設定方法

ページの作りやすさだけがWordPressの特徴ではありません。サイト全体の構成やデザインを決める「テーマ」や、様々な機能を追加できる「プラグイン」が数多く公開されています。
「ブログ風のデザイン」「企業のWebサイト」など目的に合わせたWebサイトの構成とデザインを決められるのが「テーマ」です。テーマを適用するだけで、同じコンテンツのWebサイトでも大きく印象が変わります。
「問い合わせフォームの作成」「SNSとの連携」「アクセス解析」などの機能を追加できるのがプラグインという仕組みです。

パソコンとスマートフォン両対応のサイトを作れる

レスポンシブデザイン対応のテーマを使えば、画面の大きさに合わせてレイアウトを自動で調整してくれるサイトが作れます。ただ、画像のサイズなどスマホ向けに調整しなければならない部分もあります。

レンタルサーバーを契約する

WordPressを利用するには、自分のWebサイトのデータを置くサーバースペースを借りる必要があります。
最近はWordPressの利用者が増えていることから、「簡単インストール」という機能を設けているレンタルサーバー業者も多くあります。この機能を使えば、管理画面から指示に従ってクリックしていくだけでWordPressをインストールできるようになっています。
無料のサーバーやwordpress.comのようなサービスもありますが、広告が消せなかったり、機能に制限があったりします。せっかく自分だけのWebサイトを作るのですから、制限がなく使いやすい有料のレンタルサーバーを契約するのをお勧めします。
また、サーバー業者が販売しているプランの中にはWordPressが使えないプランもあります。契約時にはWordPressが使えるプランかどうかも必ずチェックしましょう。
2017年現在、初心者に定番と言われる大手レンタルサーバーはロリポップ!さくらインターネット エックスサーバー です。この中で、特に初心者に人気でお勧めなのはロリポップ!です。
GMOペパボが運営している老舗のサーバー会社で、プランが低価格。コントロールパネルの使い勝手が良く、マニュアルも充実していて初心者には最適です。さらに同社のムームードメイン との連携が簡単なため、サイトを独自ドメインで運用するならこのセットが最もトラブルが少なく利用しやすいと思います。

ロリポップ!レンタルサーバー

独自ドメインを取得しよう

ドメインとは、Webサイトを表示するために入力するURLの一部です。自分だけの独自ドメインを取得すると、アクセスしやすくなりますし、サイトの信頼性も格段に上がります。
独自ドメインは、ドメイン取得代行業者のサイトやレンタルサーバーのオプションで取得できます。年間1,000円前後かかりますが、何かの理由でサーバーを引っ越す際にも同じURLやメールアドレスを使い続けられるなど、大きなメリットがあります。
ドメインを決める際は、覚えやすく、入力しやすいものを指定するようにしましょう。

独自ドメインの設定

独自ドメインは取得しただけでは機能しません。①ドメイン取得会社の管理画面でレンタルサーバーのDNS(ドメインネームサーバー)を指定し、②レンタルサーバーの管理画面で独自ドメインの割り当てをして、はじめて利用できるようになります。特にドメイン取得時に①を飛ばしてしまう人が多いので、焦らずにきちんと指定しましょう。

>> WordPressのインストール