WordPressでサイトを作成する

はじめに

まず最初に、ものすごく簡単に言ってしまうと、WordPressはブログと同じです。
ホームページを作る場合、自分のパソコンでホームページ作成ソフトを使ってHTMLファイルを作成するのが一般的ですが、ブログやホームページ作成サービスなどはサーバー上のプログラムを動かしてページを生成します。WordPressは後者に属するタイプでCMS(Contents Management System)と呼ばれ、自分のPCにソフトが無くても、HTMLの知識が無くても、ブラウザさえあればいつでもどこでもホームページを更新することができるシステムです。
もう少し詳しく書くと、WordPressは通常のHTMLデータで作られたWebページとは異なり、各ページ内のデザイン要素から本文、画像まですべてのデータを細分化してデータベースに保存し、そこからPHP言語を使って抽出したものをブラウザに表示させる仕組みになっています。良いことづくめに思われるWordPressですが、上記のような複雑さから、表示に時間がかかったり、サイトの移転が難しかったり、アップデートの手間がかかったりと、リスキーな面も持っています。

WordPressには2種類ある

これ、おっちょこちょいの方が間違える非常に多いパターンです。
「WordPress」で検索すると、まずwordpress.comのサイトが出てくると思いますが、多くのアフィリエイターや企業で使われているWordPressはそっちではありません
wordpress.comはAutomattic社が運営しているレンタルサービスで、無料プランなら普通のブログのようにすぐに利用開始できますが、広告が付いたり、プラグインのインストールやテーマのカスタマイズができませんし、Javascriptを追加することもできません。また、独自ドメインは有料版に限られます。
対して、広く使われているWordPressの方は自分でサーバーを借り、そこにインストールして使うタイプになりますが、最近ではほとんどのレンタルサーバーに簡単インストール機能があるので、ボタン一つで利用可能です。

独自ドメインを利用する場合は注意が必要

WordPressを使う方は独自ドメインも取得するケースが多いと思いますが、ここで注意点が一つあります。
独自ドメインの取得前にWordPressをインストールし、ダッシュボードの一般設定の中にあるWordPressアドレスを変更してしまうと、ログイン出来なくなることがあります。これは後で修復するのが結構大変ですのでご注意を。

>> WordPressとは